女性と甲状腺の関係性

男女によって違うバセドウ病の発症率とは

女性に非常に多い甲状腺ホルモンの病気であるバセドウ病の特徴と治療法

女性の方の体調と甲状腺との関係性

女性の方には理由は把握していないけれど、何となくコンディションが優れないということがおこります。そうした特有の症状が出ている場合の大半は女性ホルモンの分泌が影響を及ぼしています。 とりわけ30代後半ともなれば、更年期の症状が現れる人もいるので、自己診断をしてしまうかも知れません。しかしながらそういった特有の症状が出たからといって、更年期という訳ではありません。 場合によっては女性の方に多い、甲状腺ホルモンの疾病を起こしているケースがあります。

甲状腺と言いますのは喉仏の下側に存在している器官で、蝶の様な姿をしています。 このポイントから出る甲状腺ホルモンは、脳の視床下部が確認し、甲状腺ホルモンの分泌する量を修正しています。 こうした甲状腺に異常が見られる場合、脳によってホルモン分泌の信号を生みだしてもうまくコントロールができず、甲状腺ホルモンの疾病を発症します。 甲状腺が生み出すホルモンは代謝活動はもちろん、骨並びに筋肉、さらに、神経にも働きかけるほど大切なもので、ホルモン分泌のトラブルが起こると様々なコンディション不良を起こします。

女性に多いバセドウ病の主な特徴

バセドウ病と言いますのはホルモン分泌が過度になり、代謝活動が異様に勢いづく疾病です。男性の方と女性の方を対比させてみると女性の方は男性の方の4倍と非常に多く、とりわけ20から30代の女性の方の発症が多いと考えられています。バセドウ病には様々な症状が出ます。まず、汗を大量にかき、エクササイズをした状況のように動悸や脈が速くなります。さらに、指先に震えが出ます。 代謝活動が勢いづくことで、スポーツを実施していなくても汗を大量にかいたり動悸が出ます。こうした特有の症状が更年期の特有の症状と似ているため、バセドウ病とは知らず更年期と信じ込んでいたという女性の方もいます。

バセドウ病の治療法はホルモンを過剰分泌させないようにすることを目指して実施します。療法は大きく分けると3つがあります。 まず、内科療法さらに、外科療法そして、放射性ヨードの内服があります。どういった療法にも、プラスポイントとマイナスポイントがあります。療法は病を患っている方のコンディションや特有の症状で選ばれますが、一番多い療法は内科療法です。抗甲状腺薬を日常的に飲むだけですが、治療のための期間が長期間になるのがウィークポイントとされています。また、 抗甲状腺薬によって治りにくい方や、副作用が見られる方は外科治療を実施します。そして外科治療した後に再発した方、あるいは心臓病などが見られる人は、放射性アイトソープ療法を受けることになります。投薬を実施するだけなので治療そのものはシンプルなのですが、妊娠したい方や妊婦は受けられません。

人気記事ランキング